<< 2012/2/25 ロック54先行発売イベント ライブレポ | main | 出演者紹介1 >>

ロック54 発売直前インタビュー!

『いつまでも不安でもいられないので(笑)』

Q まずは新作「ロック54」完成、そしてリリース決定おめでとうございます。この新作のタイトルですが まあいわば駄洒落のように見えますが、ダブルミーニングのようなものが含まれているのでしょうか?また発案は誰なのでしょうか?
【まんぷく】小学校3年の甥っ子に「ロックとは?」と質問したら「54!」と答えたので(笑)
あと、ビンビールズが大人のロックを教えましょうというのと、これからのビンビールズはかけ算のように突っ走っていきたい そういう思いからですね。

Q 僕は勝手に、メンバー4人+僕(ロック54プロデューサー:Hiroshi Aritome)で「ロック五銃士」だと思っていましたが違うんですね。。。
【まんぷく】残念ながら違います(笑)

Q 残念です・・

【まんぷく】もともとメンバーに「毛ガニ(仮メンバー)」はカウントされてませんが。

Q なるほど(笑) では話を変えまして、2年ぶりとなる今回の作品 ビンビールズのアルバムとしては4thアルバムとなる訳ですが 前作までとの決定的な違い これは何かありますか?
【まんぷく】クリック!ですね!40歳を越えてからクリックに目覚めたドラムまんぷく (前作までのレコーディングではクリックを使わずレコーディングしていたビンビールズ)
【ナマハゲ】曲に関しては、前回までの作品には実はメジャー進行の曲がかなり多くて、自分の中では明るい曲を作ろうと言う意識がありました。不安な時代にポップなミュージックをと言うことで。しかしいつまでも不安でもいられないので(笑) 今回は実はマイナー調の曲にかなり挑戦しました。自分の中の暗い一面も出てると思います。でも、マイナー調ながらも「踊れる曲」と言うところに拘りましたね。

Q マイナー調なイメージは全くないですけどね。

【ナマハゲ】それはもう そういう風に作ってますので!

Q 今作を前作までと比較して聴いてみて感じたのは「安定感」だと思うんです。リズム、ボーカルワーク、この辺はメンバーとしてどう感じていますか?
【ナマハゲ】前作の「ザ・ベスト」から2年経っていますし、メンバーそれぞれリズム的な安定感まで踏み込んだ曲の解釈が出来てきたんではないかと思います。ボーカルに関しても声のスピード感など細部までかなり追求したと思います。
【まんぷく】リズムがしっかりすることによって他の楽器の音やボーカルの声が安定しましたし、聴く側にもそれがしっかり届くんじゃないかと思いますね〜。
【ナマハゲ】あとはプリプロにかなり時間をかけたのが大きかったと思いますね。
それで客観的な視点でさらにクオリティーを追い込めたと思ってます。
【まんぷく】それは本当に言えてるね!

------------------------------------------------------------------------------------------------
事実 2年ほどスティービーワンダーの同門ボイストレーナーに師事し
ボイストレーニングを行ってきたナマハゲ氏
またレコーディング前にクリックトレーニングを何十時間も行ってきたまんぷく氏。
プリプロ制作にもしっかり時間を費やすなど そういった準備、
鍛錬が今作の完成度に大きく影響しているようだ。
------------------------------------------------------------------------------------------------


『そうじゃないと、「大人」って、面白くないじゃないですか。』

Q 今作を周囲の人間に聴かせた時に妙に高い声で真似て歌うような現象が見えました(笑) 分かりやすいメロディーラインと声のインパクト これがビンビールズにはあると思います。
【まんぷく】今作だけでなく、ビンビールズは一回聴いたら耳に残るメロディや曲の展開を意識して曲作りしてます。
【ナマハゲ】子供にも覚えやすいぞと。
【まんぷく】小学生の甥っ子姪っ子は完璧に覚えました。
【ナマハゲ】歌詞も「サイボーグのデストロイヤー」とか。やっぱり覚えて歌ってほしいと思って作っていますからそれは嬉しいですね。前のアルバムの時もタッタリラ〜とか歌ってもらったので。
【まんぷく】ナマハゲの声は特徴があるので、好き嫌いははっきり分かれますね。僕はまぁまぁ好きです(笑)
【ナマハゲ】僕もまぁまぁ好きです(笑)

Q なるほど。

【ナマハゲ】でも前回までのアルバムでは、サウンド的に声の高さがかなり強調されていたと思うのですが今回は全体のバランスも考えてサウンドメイク出来たのでかなり聴きやすくはなってると思いますね。

Q ビンビールズ節と言うんでしょうか ミドルテンポのグルーヴにキャッチーなメロディー、そして特に歌詞の世界、普遍的なテーマとも言える(人生)、叙情的な雰囲気を醸し出した世界観、この辺はバンドの中で統一してるテーマなんでしょうか?
【ナマハゲ】テーマとしてしっかり話し合って統一してるってほどではないですね。俺の作ってくる歌詞とかにメンバーがうまく共感して世界観を作ってくれてるような感じがします。たまに毛ガニとかに歌詞の意味を聞かれますが「自分で考えやがれ!」とか言うときもあります(笑) あとは結成してもう7年も経っていますから大体同じようなテーマでやっておりますもので、ツーカーな感じです。

Q では歌詞の世界と言うのはナマハゲさん主導で、楽曲の仕上げの段でメンバーがそれを理解して音で表現を加えていくということですね。
【まんぷく】そうですね。毛ガニの理解度がどれくらいあるか甚だ疑問は残りますが(笑)

Q ビンビールズの音楽に向き合う姿勢を尊敬している、またビンビールズのようになりたいと言う若手バンドの声を最近いくつか聞きますが これらの声についてどうですか?自分たちの活動スタイルについての考えなどを教えて下さい。
【ナマハゲ】嬉しいことにそう言ってくれる人がいるので、最近良い意味でプレッシャーになってます(笑) でもやっぱり最初はここまでやると思って始めた訳ではないので、仕事をしながらどうやったら真剣に音楽が出来るか、それだけをひたすら考えてやってたらいつの間にかこうなったというのが現状かもしれませんね。
【まんぷく】僕らはものすごく限られた時間の中でどうしたら上手くなるか、良い曲を作れるか、良いライヴが出来るかという「しばり」があったから逆に良かったのだと思います。ゲームで言えばファミコンみたいなもんで、限られた容量でどこまで面白いものが作れるか、みたいな。若いバンドは体力も時間もたっぷりあると思うので、がんがんライヴやっていい曲作って、早く売れてください!
【ナマハゲ】あとはとにかく、「妥協しないでとことん真剣にやる」ってとこですかね。そうじゃないと、「大人」って、面白くないじゃないですか。

Q ライブ活動についてはどうですか?

【まんぷく】子持ちのメンバーが2人いるので、今までとあまりライヴなどのペース(月1〜2)はこれからも変わらないですね。
【ナマハゲ】活動スタイルはこれからも変わらずに行くと思います。

Q なるほど。限られた時間であることの理解の高さから妥協のない活動が生まれたということなんでしょうね。では今後のバンド活動における夢があれば教えて下さい。
【まんぷく】「SOLD OUT」って表記を使ってみたいです(笑)
【ナマハゲ】個人的にはあんまり具体的な夢はないですね。作る作品をどんどん自分で満足のいくものにしていくこと、良いライブをしてより多くの人に喜んでもらうこと、不安な時代が終わること。 それくらいです。
Q かっこいい、、、
【まんぷく】毛ガニのギターがうまくなりますよーに!! ロック54は大本さん(担当エンジニア)に大手術してもらいましたからねー(笑)

Q なるほど。では最後に、最新作「ロック54」の聴き所 またリスナーの皆さんへ一言お願いします!
【まんぷく】僕からは 「CDジャケットの帯ウラに注目!」 以上です!
【ナマハゲ】最近思うんですが、曲も歌詞も含めて作品としてきれいに完結されちゃったものはあんまり面白くないなと。 やっぱり聴いてる人にいろいろ想像してもらいたいし、自分の中に一旦取り込んでから人それぞれ改めて色んな解釈をしてもらえるのが創作なんじゃないかと思うんですね。
そんなところが満載の「ロック54」になってると思うので是非みなさんアルバムをお手元に、出来れば歌詞も眺めながら聴きこんでいただけたら嬉しいなと思います。あとは単純に踊って楽しめるようにもなってるので、時にはあんまり深く考えずに楽しんでもらえたらとも思います。

Q ありがとうございました。
【まんぷく】【ナマハゲ】ありがとうございました。

------------------------------------------------------------------------------------------------


表面的にはクールに映るナマハゲ そして能天気キャラのまんぷく
二人の表面的なキャラは違えどビンビールズの運営をリードする二人の熱量は
相当なものだと改めて感じたこのインタビュー 
先行レコ発となる2月25日 54分と言うロングステージに挑むビンビールズ 
彼らの本気の熱を 是非全身でリアルに感じて頂きたい!

ビンビールズ 待望の4thアルバム いよいよ全国リリース!!

〜僕らはこれから 青春みたいな生活をしよう〜
アラフォー現役社会人4人が放つ快心ロックアルバム!!

ビンビールズ 4thアルバム 「ロック54」 
2012/03/27 on sale!!

「ロック54」 
1. パーマネント 2. 牛乳瓶の底 3. ハイライト 4. LIFE 
5. NEVER 6. mytube  7. 黎明

1600円(tax in) ORGA-1118
Recorded at ORGASM STUDIO
Engineered, Mixed and Mastered by Hiroshi Omoto
Executive Producer : Hiroshi Aritome(ORGASM)

コメント
コメントする








 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
 『ロック54』収録曲『牛乳瓶の底』
Youtubeビンビールズチャンネル
 2/25レコ発共演者プレビュー
Selected Entries
Archives
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM